« 中国億万家庭の電脳の夢 | メイン | 【030本】:ターン・オーバー 企業を再生させる逆転の経営システムIAC »

体操の“弘道おにいさん”卒業

弘道おにいさんもいよいよ卒業か…。それにしても、渡部篤郎と幼なじみとは、知らなかった

体操の“弘道おにいさん”卒業…気になる今後は

 今年で放送45周年を迎えるNHKの「おかあさんといっしょ」(教育、月-土曜午前8時30分)で、12年にわたって体操のお兄さんを務めた佐藤弘道が同番組を今月いっぱいで卒業する。“弘道おにいさん”として、子供はもちろん母親にも人気があった佐藤だが、所属事務所も決まり、4月からはタレントに転身。「これからは役者やタレントで活動していきたい」と笑顔で夕刊フジに宣言した。

 体操のお兄さんといえば、古くは初代の砂川啓介(61-69年)=声優・大山のぶ代の夫=から10人を数えるが、佐藤の在籍期間は中でも最長。

 芸能プロによる争奪戦も噂されたが、佐藤は「これからは子供のことも考えて、こういう仕事(幼児番組)も続けたいし、違う方面でも…」。

 佐藤が4月から所属する事務所関係者は「(幼児番組のような)ベーシックな仕事以外でも、ドラマやバラエティーなどの仕事を模索中です。CMの話もいただいています」という。

 「おかあさん-」を制作するNHKこども幼児部の石吾克也部長は「彼は子供に注ぐ目のモチベーションが高い。俳優なら、子を持つ親の役は演技なしでできる」と卒業後にも太鼓判を押す。

 また、同番組の「“デ・ポン!”のおねえさん」ことタリキヨコも一緒に卒業。今後、2人は「おかあさんといっしょ あそびだいすき」(同、土曜午前8時35分)に出演する。

 幼児番組ゆえ、年齢などは未公表の佐藤だが、実は俳優の渡部篤郎(36)とは幼なじみ。お兄さんというトシではない。「(渡部とは)最近は全然連絡とってないので、今回のことも話してません」と佐藤は語るが、俳優として共演する機会があるかも…。

 4月からの、体操のお兄さんは小林よしひさ、お姉さんはいとうまゆ。


体操の“弘道おにいさん”卒業 - 夕刊フジ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sux.rulez.jp/mt-tb.cgi/177

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)