« けなす技術 | メイン | 【010近況・ひとこと】:iPodの鏡面ステンレスは新潟産 »

ライブドア騒動と、オウム真理教事件が構造的に酷似

ライブドアとオウム真理教の類似点に関する、隊長の分析を読んで、この辺は↓

彼らが外部に対して攻撃的な理由は思想的な背景による。つまり、新しいビジネスや社会の形態を実現しようとしている騎士団であり、それを理解しない人たちがシンプルに遅れている、進歩を阻害しているという考察になる。しかし、実際のところライブドアが実施しているビジネスの大半はコスト競争力か資金調達を前提としたビジネスであり、別段革新的ではない。オウム真理教も同様で、無給で働かせることの出来る信者を組織的に運用することで安い商品を提供していたに過ぎない。
彼らは事実上ダンピングで事業を獲得しようとしているにも関わらず、下請けであることをよしとしないため、結果として「相手になめられないようにする」という挑発的なインパクトを取る。しかし、たいして高度でないことを安くやる以上の付加価値がない場合も多いため、苦戦するほどに攻撃的になっていく傾向が顕著だ。

なるほど、と思ったわけだ。

20050305_longe.jpg隊長の論点からはちょっとズレてしまうが、確かにメディアは、従来、ネタとして使ってきた堀江氏のキャラ(東大中退、金万能論、反社会的・反通念的な言動、離婚、オン・ザ・エッジ立ち上げ時のゴタゴタとロン毛の写真etc.)の延長上としてしか、今回の騒動・そしてライブドアのことを報じていないケースが多い。

野球のときもそうだが、「ライブドアってどうよ」ってのも、「Yahoo!追っかけるポータルでして~」レベルのことしか報じてられなかった。あとは、ヒルズに住んでて、金持ってって、ってことで、決してYahoo!をパクってる、それも中途半端にパクッてる、なんてことは、あまり伝えられていない。

それは、(私が感じる範囲では)ネットの最新の事象・事情とか、伝える側がよく知らないから、突っ込みようがないのだと思う。たぶん、そういう切り口自体が、出てこないんだろう。

ちなみに、IR資料によると、ライブドアの事業は以下の7分野

20050305_jigyou.jpg

それぞれの売上は以下のとおり(ライブドアの決算期間は10月始まり9月終わり)

20050305_uriage.jpg

04/3Qにモバイルがガ~ンと増えているのは、AAACAFE、キューズネット、サイバーアソシエイツ・セッションあたりを買収したから(のはず)。05/1Qにソフトウェアがガ~ンと増えているのは、弥生を買収したから(のはず)。

その辺確認しようと思って、ライブドアのプレスリリースのページを見たらこれがヒデ~!! 何もしてない、吊しのまんまのnamazuの検索結果みたいな画面で、日付でリリースをきっちり探すことがまったく困難。と思ってたら、投資家情報の方には、あった。

次に、各事業の売上構成比を見てみると、

20050305_kousei.jpg

ファイナンスの分野に異常に偏っている。これはグラフで見ると一目瞭然

20050305_graph.gif

【3/5 21:38 以下、変更】
※こういう分析とかあまり苦手なんで、間違いあったら指摘してください~

コメントもいただいたように、以上は分析というレベルとはほど遠いもので、単に会社説明資料からちょっと抜粋して、加工しただけのものです。

ライブドアが、おそらくファイナンス事業に過度に依存し、本業における利益が追いついてきてない少ないのは、確かでしょう。

今後は、自分の勉強がてら、ライブドアの各事業ごと推移がどうなっているのかについて、見ていきたいと思います。

【参考】
切込隊長BLOG(ブログ) 〓俺様キングダム: ライブドア騒動と、オウム真理教事件が構造的に酷似している件について
「ライブドア」アナリストレポート・株式会社いちよし経済研究所

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sux.rulez.jp/mt-tb.cgi/182

この一覧は、次のエントリーを参照しています: ライブドア騒動と、オウム真理教事件が構造的に酷似:

» 業務提携もちかけたのが、もし楽天だったらどんなアクションをし... from くぬのしっぽ
もちろんプロサッカーチームをもってるし、今は楽天ゴールデンフェニックスを順調に、立ち上げることが最重要課題の一つなだけに、テレビ局やラジオ局や新聞社と業務提携するって道... [詳しくはこちら]

コメント

こんにちはー♪
Blog拝見させていただきました☆彡
この分析なんですけど、えーっと、ただ事業部別の
売り上げを拾ってきてそれを%にしたりグラフにしたり
しただけじゃないですかーww
だめですよー、これは分析ではありません!!
これだとCとっちゃいますよ♪
分析するならWhy?をもっとちゃんと分析しないとw
Finance事業の伸び方は異常ですけど、「その他も順調に
伸びているじゃない!」ってツッコミはいりますよー☆彡
こういう理由でこんなに増えた、でこの理由に対するDiscussionを入れる!

がんばれー♪ 

alissaさんの仰るとおりでーす。
イーファイナンス事業以外も1年で2倍の売上高になっているわけですから、イーファイナンス事業を除いて、それがそれぞれがどのような事業セグメントであるのかを追わなければ、単なる自己満足ですよー。

コメントありがとうございました

確かに、お二方のご指摘のとおり「分析」では、ないですね。
これを機に、もうちょっと頑張って、いろいろ考えて行きたいと思います

また随時、エントリーに出して行くようにします

ライブドアに否定的なことを書くと
株主がネットワーカーばっかりだから
いろいろ来ますので注意です笑

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)