« サヨナラ二文 | メイン | 【100もばいる】:日勝亭 »

眞鍋かをりにもインテル入っている

20050310_manabe.jpg3/7にインテルが全国紙数紙に、眞鍋かをりを起用したコーポレートブランディングの全面広告を出向した

「パソコンを始めて6年。今や私、ブログの女王(笑)」それ、インテルの仕事です。
「パソコンは、大学に入ってすぐ始めたかな」
私たちインテルは、コンピュータのCPU(=頭脳)を作る会社です。
今日は、趣味はパソコンという眞鍋かをりさんにお話を聞いています。可愛いです。
「去年からブログを始めたんですね。これが、自分で言うのも何ですけど大ヒット!
7月には、トラックバックの日本記録を作っちゃって」
スゴイ!(拍手)眞鍋さんに、そういう才能があったんですね。
「才能というか・・・。」でもブログ作りが、私の中で大切なものになったのは確かですね。
トラックバックがすごく速くて、会ったことのない人でも、身近に感じられるのが、いいかな」
ブログというコミュニケーションに目覚めた眞鍋さん。
誰かがパソコンで新しいことを始める時、インテルは中からお手伝いしています。
おなじみの「intel inside」のマークは、パソコンにインテルがハイッテルマーク。
そして、眞鍋さんやあなたの中に眠る何かを、目覚めさせるマークです。
intel.co.jp

その翌日に、公取委から独禁法違反で排除勧告…(笑)。

まさに絶妙のタイミングで、このコーポレートブランディングの広告費は、(もし、勧告出ることを知らなかったなら)ドブに捨てたようなものだが、もしかして、勧告出る前にひとつ「手を打っておいた」のかな? ならば、さすがインテル、贅沢な金の使い方だなぁ…。

このエントリー書いていて、韻(ていうか出だし?)を踏んでいる「intel inside」という英語のキャッチコピーを、「インテル 入ってる」と、うまいこと韻を踏んで日本語のキャッチコピーにしたなぁ、と今更ながら感心してしまいました。
050310_dokkinhou.jpg

【参考】
独禁法違反で排除勧告を受けた「インテル様からお金を貰う3つの条件」::[アキバBlog]
ITmediaニュース:インテルとPCメーカー、一致した利害
インテル株式会社に対する勧告について 平成17年3 月8 日 公正取引委員会

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sux.rulez.jp/mt-tb.cgi/192

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)