« 「クイーン」のフレディー、新宿コマに銅像 | メイン | 【010近況・ひとこと】:AdobeがMacromediaを34億ドルで買収 »

Apple、米国で東芝抜いてシェア5位に浮上

調査会社Gartnerが4月15日発表した速報値によると、1~3月期の世界PC出荷は前年同期比10.3%増の5040万台となった。米国の増加率は予想を下回ったが、それ以外の地域で堅調に伸びてこれを補う形となった。

 Dellの出荷の伸びは、米国市場が足を引っ張る形で10四半期ぶりに20%を切ったが、世界平均を上回る13.7%増を維持している。世界シェアはDell(16.9%)、HP(13.9%)、IBM(4.6%)、富士通/Fujitsu Siemens(4.1%)、Acer(3.7%)の順。

 米国市場では大半のベンダーが伸び悩む中、Appleが東芝を抜いてシェア3.7%で5位に食い込んだ。iMacとPowerBookに支えられる形で伸び率は45.1%と群を抜いている。3位のGatewayはeMachinesとの合併から1年を迎えるが、出荷は23.4%減と大幅な落ち込み。Gartnerではこれについて、Gatewayがコンシューマー市場に依存していることによるものだと分析している。

 米国でのシェアはDell(32.0%)、HP(17.2%)、Gateway(5.4%)、IBM(4.1%)、Apple Computer(3.7%)の順。

【参考】
ITmediaニュース:Apple、米国で東芝抜いてシェア5位に浮上――Gartner速報

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sux.rulez.jp/mt-tb.cgi/240

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)