« 実務入門 図解アンケート調査と統計解析がわかる本―アンケート調査の企画・実査・集計から統計解析の基本と多変量解析の実務まで | メイン | 【070えいご】:訳GO.com »

奈良の騒音おばさんタイ~ホ

20050414_souon.jpg私のわがままの音じゃないねん
裁判を前提とした、抗議の音
私の哭き声。悲鳴?
ほんで
絶対私許せない。戦うよ。


ウワサの奈良の騒音おばさん。ニュースでことのサワリしか知らなかったけど、かなり行っちゃてるヒトだったようで…。

ザイーガさんのところで見たFlashが強烈で、一度見ると、忘れられません(笑)。ぜひ、ご覧ください!!

【参考】
ザイーガ:【フラッシュ】例のアノ、過激なパンクテロリスト、騒音おばさんのフラッシュが満を持して完成しました。そして当然着メロまでも。
奈良騒音訴訟:最高裁が上告棄却 主婦の実刑確定へ[MSN-Mainichi INTERACTIVE]

奈良騒音訴訟: 最高裁が上告棄却 主婦の実刑確定へ  約1年半にわたりラジオなどで大音量を鳴らし、隣家の女性に頭痛などを起こさせたとして、傷害罪に問われた奈良市の主婦、出口香代子被告(49)に対し、最高裁第2小法廷(福田博裁判長)は29日付で、被告側の上告を棄却する決定を出した。懲役1年の実刑とした1、2審判決が確定する。大音量で近所の住人の体調を害した行為が傷害罪に当たるかどうかについて、決定は「頭痛や睡眠障害など(生理的な機能に)傷害を負わせたのだから傷害罪が成立する」と初判断を示した。

 大阪高裁判決(昨年9月)などによると、出口被告は隣家の子供がキャッチボールの際、自分の車にボールを当てたことに腹を立て、02年6月~03年12月、連日朝から翌日午前1~4時にかけ、ラジオや複数の目覚まし時計を鳴らし続けた。

 出口被告は、ラジオを隣家に最も近い窓枠の上に置き、警察から警告されても無視した。さらに、家宅捜索でラジオと目覚まし時計を押収されても、別のラジカセなどを用意して騒音を発生させ続けた。

 1審は「陰湿かつ執よう」、2審も「常軌を逸している」と厳しく非難し、否認を続けていることも考慮して実刑を選択した。【小林直】

毎日新聞 2005年3月31日 19時36分

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sux.rulez.jp/mt-tb.cgi/236

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)