« AdobeがMacromediaを34億ドルで買収 | メイン | 【010近況・ひとこと】:タイマー屋、ビジュアル ICレコーダー »

久米宏「A」9.3%

ホラ、やっぱり(w

バラエティーは放送回数の積み重ねで視聴率が上がっていくこともあるので…_| ̄|○。今は見守って下さいということだけです

っていう、日テレのコメントが痛いなぁ

【参考】
Yahoo!ニュース - サンケイスポーツ - 久米宏「A」9.3%…まさかのブービー視聴率

久米宏「A」9.3%…まさかのブービー視聴率

 人気キャスター、久米宏(60)が約1年ぶりにテレビレギュラー復帰した日本テレビ系「A(エー)」(日曜後7・58)の17日の初回視聴率が9.3%と振るわず、同時間帯の番組でブービーだったことが18日、ビデオリサーチの調べ(関東地区)でわかった。先月の番組会見で対抗心をむき出しにしたアナウンサーの同期、みのもんた(60)の番組に4.7ポイントも水をあけられ、振り向けば最下位と0.5ポイント差。人気司会者もさすがに番組名よろしく“エ~ッ”と絶句するしかない?!

 久米のレギュラー新番組「A」は、アジアをテーマにインターネット回線を駆使し、各国の生活などを伝える情報バラエティー。昨年3月にテレビ朝日系「ニュースステーション」を降板し、休業していた久米は17日の初回第一声で「お久しぶりですね。日曜8時は20年ぶりぐらいですね」とテレながら発進した。

 ラジオやBS番組に出演しながらも、地上波お茶の間に初登場に、視聴率が注目されたが、フタを開けてみれば、2ケタに届かない9.3%の“低空飛行”だ。

 NHK大河ドラマ「義経」の21・9%の後塵を拝したのは、しかたないとしても、注目を集めたアナウンサー同期・みのもんたとの直接対決にも完敗。先月の番組会見で「どうぶつ-」の司会を務めるみのに、「仕事は数やりゃぁいいってもんじゃないです。人間、健康が第一。体を壊したら何もなりませんから。僕が言いたいことは一言ですね。『いい加減にしろよ』」と“口撃”したものの、数字では4.7ポイントの大差をつけられた。

 そればかりか、後ろを振り向けば、テレビ東京だけ。そのテレ東ともわずか0.5ポイントの差しかなかった。

 “敗因”の理由については、番組が3月23日に収録され、約1カ月前の穏やかな中国などの映像を放送。激化する反日デモの様子は伝えられなかったことや皮肉の効いた久米節が炸裂しなかったことなどが挙げられる。とはいえ、“かつての視聴率男”にしては散々たる結果だ。

 日本テレビでは「バラエティーは放送回数の積み重ねで視聴率が上がっていくこともあるので…。今は見守って下さいということだけです」とコメント。所属事務所は「特にコメントは出しません」だった。2月の復帰会見で「テレビは面白いか、面白くないかの2つ。面白くないと思ったらすぐ辞める」と宣言していたが、さて…。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sux.rulez.jp/mt-tb.cgi/242

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)