« MovableTypeのデータベースをMySQLに | メイン | 【030本】:国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて »

ジェームズ・ボンドが活躍したスパイの世界

イギリスの国立公文書館に行くと、MI5(英国軍事情報活動第5部=保安部)が機密扱いを解いて公表した文書や写真を閲覧することができるらしい。

中には、「爆発する万年筆」、「人間魚雷」、「優秀なスパイで変装の名人」、「危険な魅力の女スパイ」などが登場するとのこと。

ちょっと見てみたいなぁ~(w

BBCワールド:ジェームズ・ボンドが活躍したスパイの世界(その1)
BBCワールド:ジェームズ・ボンドが活躍したスパイの世界(その2)
BBCワールド:ジェームズ・ボンドが活躍したスパイの世界(その3)
BBCワールド:ジェームズ・ボンドが活躍したスパイの世界(その4)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sux.rulez.jp/mt-tb.cgi/260

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)