« コナン婚[続報] | メイン | 【010近況・ひとこと】:エフュージョン尼崎住人への世論の動向 »

中国で海賊インク横行、年間数百億の被害

そりゃ、ガワを売ってサプライで儲けるというビジネスモデルの根幹を直撃されたらたまったもんじゃない。でも、それしても、使う方からすれば、カートリッジが1個1,000円くらいってのは、高いよね~

偽造グループの手口も巧妙化する一方だ。ブローカーを中心に分業化を進め、ラベル印刷、インクの充填(じゆうてん)、箱詰めなどを別々に行うため、一網打尽の摘発は難しい。企業などに電話やダイレクトメールで販売攻勢をかけ、本物と偽造品を交ぜて納入するなど販売手法も悪質化している。

いや、だから(^ ^ゞ そんな気合い入れて危ない橋渡らなくても、普通に「互換カートリッジ」として、正規に中国以外、日本や欧米に販売すれば、合法的にもっと儲かるはずなのに…。それってダメ!?

【参考】
Yahoo!ニュース - 産経新聞 - 日本製プリンター インク海賊版横行 中国で数百億円の被害

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sux.rulez.jp/mt-tb.cgi/338

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)