« 中国で海賊インク横行、年間数百億の被害 | メイン | 【010近況・ひとこと】:イスラム過激派に日本のうp管理者がサイバーテロ »

エフュージョン尼崎住人への世論の動向

電車がブチ当たってしまって、お気の毒...
救出活動を必死に手伝って大変だったな...
もう、ちょっと、あそこには住めないだろうな...

…あたりのところまでは、確かに世論でも支持されていた

でも、↓の記事や2chで話題になっているように、買い取りの話でゴネているというのが、もし本当だとしたら、一方で、100人以上の犠牲者とその遺族がいるわけであって、ココの住人のヒトたちへの風当たりは、強くなるんじゃないかなぁ?

すでに、週刊文春が「JR脱線事故 悲劇の陰で-マンション代表が浴びた『6万円ステーキ』の誹謗中傷」なんて記事1/2/3を出し始めている。真偽の程度の問題はあるけど、やはり火のないところに煙は立たないわけだし

【参考】
兵庫・尼崎JR脱線事故: 購入価格で買い取り提示 マンション住民にJR西

購入価格で買い取り提示 マンション住民にJR西(2005年06月06日 京都新聞/共同通信)

 兵庫県尼崎市の福知山線で快速電車が脱線した事故で、JR西日本は5日、電車が衝突したマンション「エフュージョン尼崎」の住民への説明会を同市内で開き、垣内剛社長が「平穏な生活を壊し、誠に申し訳ありません」と謝罪した上で、全47戸の購入価格での買い取りを提示した。

 垣内社長が住民らに公開の場で直接謝罪したのは初めて。

 住民らは買い取り提示に「同じ条件の物件は、当時の価格ではもう手に入らない」と反発、金額の上乗せを求めたが、JR西側は「基本的には購入時の価格が限度だ」と応じなかった。

 同社は今後、慰謝料も含め、住民と個別に交渉を進める方針。

 マンションは2002年11月末に完成。一戸平均約70平方メートルで、駅からやや遠いため新築時の分譲価格は1800万-2700万円台だった

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sux.rulez.jp/mt-tb.cgi/339

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)