« 全キートップにカラーディスプレイを搭載したキーボード | メイン | 【010近況・ひとこと】:菊間アナ、2度目の転落人生 »

地デジ、衛星で再送信

 8月にも北海道で実証実験を始め、07年中の放送開始を目指す。総務省も全面的に支援する。

 大都市圏を中心に03年末に始まった地上デジタル放送は、放送局からの電波を直接受信するか、ケーブルテレビ(CATV)経由でしか見ることができない。しかし、広大な北海道で全世帯が直接受信するには、NHKや地元民放が170~200か所ある中継局を改修する必要がある。

 このため、JSATとスカパーは、まず北海道を対象に、地上デジタル放送の新たな受信方法として、遠隔地でも確実に電波が届く、衛星での再送信を始めることにした。

総務省も全面的に支援
総務省も全面的に支援
総務省も全面的に支援
総務省も全面的に支援
総務省も全面的に支援

やっぱり…(笑)

それなら、アナアナ変換とか、いらないじゃん。確かに、衛星からだと、豪雨とか吹雪とかで、映像が乱れるとかあるけど、何とかなるんでしょ、きっと

「禁じ手」が解禁されたことで、「ホント、今の進め方でイイの!?」という議論が再燃しそう

【参考】
地上デジタル放送、衛星で再送信…スカパーとJSAT : YOMIURI ONLINE
【地デジ】スカパーとJSAT、地上デジタル放送を衛星で再送信【07/17】

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sux.rulez.jp/mt-tb.cgi/400

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)