« GmailでFromアドレスを変更可能に | メイン | 【025Net&PC】:NOVAうさぎ壁紙(笑) »

APPLE、完全にフラッシュメモリプレイヤーに舵取り

20050908_ipodnano.jpgUSで「iPod nano」が発表された。shuffle登場以来言わていたように、HDDプレイヤーからフラッシュメモリプレイヤーへiPodが移行していく過渡期にあっての製品である。というのも、現在のiPodのように60GBといった容量は、フラッシュメモリプレイヤーでは、まだ価格的にムリなので、まずはminiの代替としての「iPod nano」がポジショニングされ、メモリ価格の下落とともに、どんどんラインナップがフラッシュメモリプレイヤーに移行していくことになるのは間違いないだろう。

shuffle登場以来、miniはサッパリ売れなくて在庫の山というハナシだった。サントリーのウーロン茶のキャンペーン(あのパンダとPKゲームしてムカつくやつ(`ヘ´)。でも、当たったヒトもいるようだなぁ )でも1万台くらい出てたが、あれも安く仕入れたんだろうなぁ~。

でも、今度の「iPod nano」も、最初にminiが登場したくらいのインパクトがあるはず。操作性や自由度の面でイマイチshuffleに手が伸びなかった層も、これなら欲しがりそう…。

一方で、iPod登場で有頂天になり、その後shuffle登場でどん底に突き落とされたHDD業界は、「iPod nano」でまたショックショックショックだろうなぁ…。

もう一つ、ずっとウワサされていたiTune携帯「Motorola ROKR」も発表された。キャリアとメーカーの関係、すでに始まっている「着うたフル」などの既存サービスとの競合の問題もあって難しいとは思うケド、日本では、どこが一番最初に乗り出すんだろうかね? IMSも「日本じゃ難しい難しい」って言われていたけど、結局サービス始まって、始まった途端一気にトップクラスだし、iTune携帯も絶対各社が画策してるよね~。ナンバーポータビリティの開始に合わせてどっかが投入して来たら、けっこうイケルでしょう。でも、ツーカーだったら笑うが┐('~`;)┌

以下、RBB Todayの記事

米Apple Computerは、厚さ6.9mm/重さ42gのポータブルオーディオプレイヤー「iPod nano」を発表した。アップルストア価格は、2Gバイトモデルは21,800円、4Gバイトモデルは27,800円。いずれも、ホワイトとブラックモデルが用意されている。

 iTunes 4.9以降に対応し、Windows 2000 SP4/XPまたはMac OS X 10.3.4以上が必要だ。

 40mm(幅)×90mm(高さ)×6.9mm(厚さ)ながら、iPodやiPod miniと同じくクリックホイールを搭載。1.5型のカラー液晶画面と合わせて快適な操作性を実現している。内蔵バッテリーは、14時間の連続再生が可能。1時間半で約80%を充電、残りの3時間でフル充電となる。

 また、MP3、AAC、WAVのほか、Apple Losslessにも対応。さらに、ポットキャストや写真の取り込みにも対応しているため、備えている機能はiPod(現行のカラー液晶モデル)とほぼ同等と言っていいだろう。

【参考】
Apple - iPod nano
鉛筆と同じ厚さ6.9mmの「iPod nano」が登場。2Gバイトと4Gバイトがラインナップ:デジタル家電総合情報サイト:Digital Freak 2005/09/08
k-MT: サントリーのアレでiPod当たったよ -- [ FFb ]

【スグ追記】
すいません、当たったヒトってトラバ打ったFFbさんは、昨年のキャンペーンの当選者でした。すいません(m_m)。今年のキャンペーンについては、このあたりで…。

【参考】
【レポート】あの"最強"パンダ軍団に挑む - サントリー ウーロン茶で目指せiPod (MYCOM PC WEB)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sux.rulez.jp/mt-tb.cgi/449